ヒビカラカラ


55


そっと手を開く


僅かに見える 濁った血の跡


掴んでは 零し

掴んでは 零し


何も残らないと 知りながら


明日もまた 同じ


- 手 -


ヒビカラ文藝ビルヂングはこちら☆

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する