ヒビカラカラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

これから。


これから。


  青になって 津波のように押し寄せる人
  顔をあげ 踏み出そうとした瞬間
  私は 一歩も動けなくなった
  誰かがぶつかって 舌打ちをした


  2つの存在の あまりの大切さ
  その愕然とするくらいの大きさ
  それは 
  悲しいとか 寂しいとか
  そんな陳腐なものではなかった


  そして
  知ってしまった

  私の中にあの日できた氷は
  二度と溶けることはないと


  2つの存在を
  受け入れるでもなく 消し去るでもなく
  もう 触れることのない2つと
  溶けることのない氷を持ったまま


  私は ずっと歩いていく

  
  ただ それだけ
  ただ それだけなのだと



- これから。 -

Copyright(c) 2006-2010 ヒビカラカラ All rights reserved
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

アイデアだけでなく、光や構図の取り方も巧いと思います。
詩はシリアスですが、そこに写る女性の姿は何となく幼さ
が残っていて少女のようですが、Hayanoさんでしょうか?
時をかける少女を連想させる私は・・やっぱり古い(笑)

TORU | URL | 2010年04月28日(Wed)01:02 [EDIT]


ご無沙汰しています。

とても切ない詩ですよね。
写真がまた、その詩とぴったりで。
更に、なんか心に響くというか・・・

これは、ガラス越しに撮ったhayanoさん
ご自身でしょうか??

私事ですが、4月8日に無事に3人目ちゃんを
出産しました^^
今は、毎日新生児ちゃんのお世話に追われています!

ぴよ | URL | 2010年04月28日(Wed)04:20 [EDIT]


★TORUさんへ★

ひゃー; アイデアも採光も構図も・・・何もまともに考えてないのですよ;
その場瞬間気分で撮るので;

時をかける少女w いいですねー
でも残念ながら私でした、笑

hayano | URL | 2010年04月28日(Wed)12:15 [EDIT]


★ぴよさんへ★

こちらこそご無沙汰してます; ごめんね;
そんな間に、産まれたんですねー
おめでとう~!

そう、これは鏡に映る私なのでしたw

hayano | URL | 2010年04月28日(Wed)12:16 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。