ヒビカラカラ

風の中で


風の中で

 
 風が ふいた

 一瞬 こころに ふれた

 ぼくだけの きみ

 手を 伸ばして

 届かないと 知っても

 それでも



 闇が きえた

 一粒 なみだが あふれた


 ****

風の 中で
Kotona*kan vol.40 ( text by yuki / photo by hayano )


*********************


Kotona、これが40作目でした。

ゆっくり2人のペースで続いているKotona*kan。

これは、NATURA CLASSICA/コダック エクター100で撮ったものです。
Kotonaでupするものでは銀塩は久しぶり。

でも実は普段撮っているのはフィルムカメラの方が多かったりします。
現像さえもっと早く出来れば・・・・。笑

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

うっとうしい梅雨の時期だからでしょうか?
やっぱり、お二人の詩が素敵だから・・・ですね。
なんだか心の奥にじ~ん・・・しみいりました。
v-25ありがとうございますv-22

雪国もやし | URL | 2009年06月22日(Mon)10:01 [EDIT]


★雪国もやしさんへ★

そちらの梅雨はじめじめですよね。
今年はこっちも梅雨です、蝦夷梅雨というらしいです。
どんよりとして寒いです。ずーっと雨ばかり;

光合成がしたいです、笑

hayano | URL | 2009年06月22日(Mon)22:41 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009年06月25日(Thu)05:22 [EDIT]


★鍵さんへ★

ありがとうございます。
続けていく意味があるんだなと、嬉しく思います(^ω^)

これまで違和感があったことが一度もない。
これからもどうぞ見ていてもらえるとうれしいです。

hayano | URL | 2009年06月26日(Fri)01:22 [EDIT]


 
 

トラックバックトラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


風の 中で

風が ふいた 一瞬 こころに ふれた ぼくだけの きみ 手を 伸ばして 届かないと 知っても それでも 闇が きえた 一粒 なみだが あふれた **** 風の 中で Kotona*kan vol.40 ( photo by hayano / text by yuki) [続きを読む]

Moving on / 2009年06月22日(Mon) 22:48