ヒビカラカラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

嘘月夜


20061006212804.jpg



こんな夜は こんな月でいい

本当の月を見てしまったら
逢いたくなってしまう

ポトリと一粒落ちる涙なら
こんな月が丁度いい

********************

一粒に似合うのは
薄ぼんやりした嘘月。

これなら
夜空を見ても大丈夫。
きっと 大丈夫。



Copyright(c) 2006 ヒビカラカラ All rights reserved

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

暗がりの中の光はいろんな事を思い起こさせて
くれると思います。
月の光も部屋の中の豆電球も。

今日の私の光は、部屋の中の豆電球でした。
あの明るさが、今日の私にはちょうどいい
明るさでした・・・

zukin | URL | 2006年10月06日(Fri)23:07 [EDIT]


*zukinさんへ*

うん、確かにそうかも。
その光によって微妙な違いはあるけどね。
豆電球の光・・・。ちいさな光だよね。
ちいさな光の中でzukinさんは何を考えてたんだろう。
ゆっくり眠れてるかな・・・。

hayano5 | URL | 2006年10月07日(Sat)01:05 [EDIT]


虚月の冷たい明かりが
ココロに歯止めをかけてくれる
あふれる涙をせき止めてくれる
作られたギリギリのバランス
少しのやさしさ、あたたかさで崩れてしまう
虚月のぼんやりと冷たい光が
少しだけココロを冷やしてくれる

やすべい | URL | 2006年10月07日(Sat)09:08 [EDIT]


とても心に沁みてくる詩です。
絵のボケ感が、涙で滲んだ景色にも見えてピッタリ♪
お気に入りの詩と絵ですよ~(*'-'*)

満月でなくても
“逢いたい”気持ちが詰まる涙
一粒こぼれ・・・また一粒こぼれ・・・。

青 | URL | 2006年10月07日(Sat)09:59 [EDIT]


*やすべいさんへ*

そうですね。
昨夜は冷たい光じゃなきゃいけなかった。
冷たくても、それでも
少しの時間しか見ていられなかった。

ココロに歯止めのぎりぎりでした。笑。

hayano5 | URL | 2006年10月07日(Sat)20:21 [EDIT]


*青さんへ*

ありがとうー(゚ーÅ) ホロリ
とても嬉しいですw
そう、涙で滲んだようにも見えるなぁって。
本物の涙は流さないように
一粒だけ。

hayano5 | URL | 2006年10月07日(Sat)20:23 [EDIT]


初めまして。

とても綺麗ですね。
寂しさや切なさに気づかないように一生懸命な詩のようにも感じましたw
いくつか詩を見たのですが、どれも静かで綺麗でなんだか安心しました。

矢麻 | URL | 2006年10月09日(Mon)17:12 [EDIT]


*矢麻さんへ*

はじめまして! 
覗いて下さってありがとうございます。

この詩は・・・そうですね。
気付かないふりを必死に・・・。そんな夜でした。

嬉しい言葉をありがとうございます!
稚拙な詩と絵ですが、良かったらまたいらして下さいね!

hayano5 | URL | 2006年10月09日(Mon)21:01 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。