ヒビカラカラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

かがみ


かがみ



見えないものに

騙されやすいんだ


たとえば


声 とか

  空気 とか

     匂い とかね




Copyright(c) 2006-2007 ヒビカラカラ All rights reserved
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

わたしは見えないものに怯えているよ。
見たくないから、離れたのに。

yuki | URL | 2007年12月17日(Mon)17:27 [EDIT]


*yukiちゃんへ*

怯えないで;
離れた自分を責めてしまうよ。
そんなことする必要なんてないんだから。

hayano | URL | 2007年12月17日(Mon)20:58 [EDIT]


そうだよなあ・・(笑)
見えないから
惹かれてしまうのかも・・・
声とか・・笑顔とか・・
心は見えないものなあ

面白い窓、よく見つけるね、ほんまに脱帽
この窓は、当初上げ下げ窓だったのを
開き窓に改修したものです
ほんとhayanoさん、うちらの仲間みたいや
建築オタクでも、なかなか探せん物ばかり・・

やすべい | URL | 2007年12月18日(Tue)02:24 [EDIT]


窓とガラス…

ごぶさたしてしまい、失礼しました~。

私も最近よく窓の写真を撮るんです。自分でも理由はわかりませんが、窓というと撮りたくなってしまう病のようです。
この写真のように、窓と窓のガラスに写るものに魅かれているのかもしれません。
素敵な写真をありがとうございました。

見えないものを心の眼で見ることができたら…。
だまされたりしないのでしょうね。

うさぎ | URL | 2007年12月19日(Wed)00:10 [EDIT]


こんばんわ~
なんとも素敵な1枚ですね^^
窓(鏡)に映りこんでいる世界がまた素敵!!

確かに、見えないもの 声とかね・・・
すっかり惹かれてしまって・・・
結構、だまされてしまうんですよね・・・
でもでも、見えないからこそ惹かれちゃったり
するんですよね~

ぴよ | URL | 2007年12月19日(Wed)03:03 [EDIT]


匂い、って、なにかこう、脳の深いところを刺激されるような気がする。

人間の旧皮質の奥に眠っている、古い古い記憶が蘇ってくるような。

太古の昔、洞窟の中で火を囲んでいたときからの記憶のようなものが喚起される気がするんだ。

好きだった人の匂いは今でも思い出せるものね。

hirobot | URL | 2007年12月20日(Thu)10:11 [EDIT]


*やすべいさんへ*

レス遅くなってすみません;

へぇー見ただけでわかるんですね。
そんなの気付かずに撮ってました;
建築おたくになれるかな。

hayano | URL | 2007年12月21日(Fri)09:27 [EDIT]


*うさぎさんへ*

レス遅くなってすみません;

私はなんとなく窓が好きで。
硝子とか窓枠とか・・・、あとはそこに映るもの。
そのものじゃなく、映るものに惹かれたりしますね。
わたしも理由はわからないです、笑。

hayano | URL | 2007年12月21日(Fri)09:29 [EDIT]


*ぴよさんへ*

レス遅くなってすみません;

この窓に映る景色の中では
一番上の方の電灯が好きなんです^_^
くるんとなっている部分が、笑。

見えないもの・・・キケンが多いんですけどね;

hayano | URL | 2007年12月21日(Fri)09:30 [EDIT]


*hirobotさんへ*

レス遅くなってすみません;

匂いはかなり記憶と結びついてますよね。
ちょっとした瞬間に一気に思い出したり。
懐かしい匂いとか、季節の匂いとか・・・
好きな人の匂いももちろん。

hayano | URL | 2007年12月21日(Fri)09:33 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。