ヒビカラカラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

デジャブ


デジャブ



前をゆく2人


初夏の光が眩しくて

笑顔になっている自分がいて


こんなふうに歩いたのだろうか

遠い昔に 私も



Copyright(c) 2006-2007 ヒビカラカラ All rights reserved
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すごくすごく印象的な画ですね。

そのまま太陽の光の中に消えていきそうなくらいまぶしい景色。

帰巣本能が刺激されるのは何でだろう?

hirobot | URL | 2007年06月25日(Mon)23:57 [EDIT]


*hirobotさんへ*

ありがとうございますw

撮ったあと確認したらこんな眩しい写真になってたのですー。
これもまた良い感じかな、と自分に都合の良いように解釈。笑。

何だか懐かしい雰囲気ありますよね?^_^
嬉しいです、同じように感じてもらえて。

hayano | URL | 2007年06月26日(Tue)00:00 [EDIT]


おひさです

懐かしさを伴った、夏らしい良いお写真ですね。

純子 | URL | 2007年06月26日(Tue)07:08 [EDIT]


光に包まれて歩けること
光に包まれて笑えること
光に包まれて触れること

私の視界に彼がいて
彼の視界に私いて

あたり前だと
そう思っていたのが奇蹟だった

いつかまた光に出逢えることを信じよう

せつないね
同じ夏の匂いがするのに

yuki | URL | 2007年06月26日(Tue)08:31 [EDIT]


ふと・・・

hayanoさん、こんにちは。

前を歩いて行くのは、親子かしら?
危険な道路側には大人がいて・・・歩道側には子供がいて・・・。
最近では、こんな光景を見かけることも少なくなって来ました。
携帯電話片手にした母親が、悠々と歩道側を歩き・・・子供がちょこまか道路のほうに飛び出していても知らん振り・・・。
自分にとって、大事なものを守る(慈しむ)という気持ちが見えない・・・そんな光景が多くて・・・。
おばさん雪国もやしにとっては、切ない光景ばかりなの。
(涙):

前をゆく2人は、まばゆいぐらいの陽の中で、一体どんな会話をしながら歩いているのかな?

最近では、あまり見かけなくなった光景に、ふと・・・そんなことを思ってしまいました。
v-9

雪国もやし | URL | 2007年06月26日(Tue)10:44 [EDIT]


*純子さんへ*

おひさですー。
ありがとうございます。
夏っぽい雰囲気になったなぁとちょっと嬉しい。笑。
偶然なのだけど・・・:

hayano | URL | 2007年06月26日(Tue)11:25 [EDIT]


*yukiちゃんへ*

綺麗な言葉をありがとう。

そうだね。当たり前と思っていることは
ほんとうは奇蹟なんだと思う。
生きてることも。

夏の匂い。わたし、夏の夜の匂いが好きだよ。

hayano | URL | 2007年06月26日(Tue)11:26 [EDIT]


*雪国もやしさんへ*

こんにちはー。

そうですね。そういう親をよく見かけるなぁ。
大人が道路側は当たり前なのだけど・・・。
男性なら無意識に道路側に立ってくれる人がいい。笑。

眩しくて可愛らしかったのです。前の2人。
見上げながら話す子供の笑顔が^m^

hayano | URL | 2007年06月26日(Tue)11:29 [EDIT]


昔を思い出すような写真っていいなーヽ(^-^ )
今までの写真と雰囲気が違ってるみたい。。?

きっとみんなこんな風に歩いたんだよ。。昔はね♪

Rick | URL | 2007年06月26日(Tue)19:20 [EDIT]


*Rickさんへ*

懐かしい雰囲気がするのはどうしてかわからないのだけど。笑。
画像のせいかな。荒い感じで光が入って。

Rickさんも昔はこんなふうに歩いたのね。
きっと子供はみんなこうして歩いてる。
歩いて欲しいなって心から思うの。

hayano | URL | 2007年06月26日(Tue)21:44 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。