ヒビカラカラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

毒と青空と


毒と青空と


ぴんくいろの血を流し
ひとつひとつに毒を塗ったの


清々しい 

清々しくて涙が頬をつたう


そろそろ行くね 
毒の向こう側で不思議そうなあなた


小さくなってゆく

小さすぎて涙が頬をつたう


―毒と青空と―
Kotona*kan vol.11(photo by yuki@Moving-on/text by hayano)

************

Kotona*kan vol.11です。

たくさんのたくさんの意味が込められたyukiちゃんのお写真。
たくさんのたくさんの意味を込めた言葉を綴ったつもりです。

受け取る人により違うだろう想い。

本当の意味は、自分だけが知っていればそれでいい。
そう思ったのです。

yukiちゃんいつもありがとうw



Copyright(c) 2006-2007 ヒビカラカラ All rights reserved

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

この写真、刑務所ぽくネ?と思いながらぱちり(苦笑)
希望と絶望。
光と闇。
自由と束縛。etc
一枚の写真にたくさんの要素を入れてみたの。

hayanoちゃん、深い詩をどうもありがとう。
いつか会ったら、時間を忘れていろいろと話したいね☆

yuki | URL | 2007年06月04日(Mon)20:20 [EDIT]


*yukiちゃんへ*

刑務所っぽいねぇ。笑。
脱走したくなるねw
そのたくさんの意味を込められたかどうか・・・。
こちらこそこの写真から色んなことを感じたの。ありがとう。

会うね、たぶんいつか会う。

hayano | URL | 2007年06月04日(Mon)22:02 [EDIT]


自分が抱くこの詩に対する思いは hayano さんのとはきっと違うと思いつつ、感情を移入してしまうのは不思議。
書いた人の意思と違うところに移入するわけだものね。
不思議だな、と思いました。

hirobot | URL | 2007年06月04日(Mon)22:06 [EDIT]


*hirobotさんへ*

感情移入してもらえただけで嬉しいなー。
それぞれの感じ方があるから面白くも怖くもあるなぁって思いますね、言葉を綴るということは。
hirobotさんはまず男としての位置にいるので、その時点で多少違ってくるのかな。

hayano | URL | 2007年06月04日(Mon)22:45 [EDIT]


yukiさんの写真は
青空に鉄条網。

hayanoさんの言葉も
可憐な単語の裏側に
ダークな部分が見え隠れする。

言葉にはできないけれど
写真と言葉の持つイメージが
自分の中に浸食してくる。

なんかお二人ともスゴイです。

坊ちゃん団子 | URL | 2007年06月04日(Mon)22:56 [EDIT]


すてきですよ!

とてもステキに思えます
心の中に鉄条網を作り
心がそこを乗り越えないように
蛍光ピンクの毒を塗る
自分に言い聞かすように
鋭利な先端の一つ一つに・・・
鉄条網の向こうにいるのは
故人なのか・・許されない恋の相手なのか・・・
忘れたい過去の恋人なのかは分からない
ただ、頬をつたう涙の純粋さが心に染みる

やすべい | URL | 2007年06月05日(Tue)00:00 [EDIT]


*坊ちゃん団子さんへ*

ありがとうございますー(〃∇〃)
めっちゃ嬉しい。
コラボの場合は特にそう言ってもらえると嬉しさ倍増ですw
すごいなんて・・・お恥ずかしい;
写真のおかげかなと思います^_^

hayano | URL | 2007年06月05日(Tue)14:47 [EDIT]


*やすべいさんへ*

ありがとうございます。
言いたかったこと、伝えたいこと、感じてもらえたらいいなと思うこと、すべてをやすべいさんには感じ取ってもらえたみたいでとても嬉しいです。
コラボは色々な意味で触発される部分が多くて楽しいのです。

hayano | URL | 2007年06月05日(Tue)14:48 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007年06月06日(Wed)22:45 [EDIT]


 
 

トラックバックトラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


毒と青空と

ぴんくいろの血を流し ひとつひとつに毒を塗ったの 清々しい  清々しくて涙が頬をつたう そろそろ行くね  毒の向こう側で不思議そうなあなた 小さくなってゆく 小さすぎて涙が頬をつたう****涙の終わりKotona*kan vol.11 ( text by hayano / photo by yuki ) [続きを読む]

Moving on / 2007年06月04日(Mon) 20:34


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。