ヒビカラカラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夢でも現実でもない世界


夢でも現実でもない世界


夢のようだった

ううん きっとあれは夢だった

長い長い夢 


もう夢からは覚める時がきてる
夢から覚めると現実? そんなことないんだよ

現実でもない夢でもない

私はそんなところへまた還ろう
そこへゆける私は ある意味幸せなのかもしれない



Copyright(c) 2006 ヒビカラカラ All rights reserved
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

夢・・去年の今頃
素敵な夢の中にいた、頭の中にクリスタルKがいて
朝から晩までエンドレスで熱唱していた(笑)
あの夢・・・永遠に続くと信じていた
雪解けとともに消えた雪中夢・・・・・

やすべい | URL | 2007年01月16日(Tue)23:10 [EDIT]


失敗した時・・・
一晩寝て「あれは夢だった?」と思うことがあります。

夢だったらいいのにと思っても現実なんですよね?
そういうことが、ドジな私にはよくあります。

純子 | URL | 2007年01月17日(Wed)06:56 [EDIT]


カエリマショウ

そうですね、あのときにカエリマショウ。
なにもなかったあのときに還りましょう。

僕も今はそんな気持ちです。

(hayano5 さんの気持ちとは違うかもしれませんが)

hirobot | URL | 2007年01月17日(Wed)09:21 [EDIT]


*やすべいさんへ*

それは素敵な夢ですね。笑。
クリスタルK好きですw  よく聴きます♪

今、やすべいさんの夢の中には
どなたが登場しているのでしょう。

hayano5 | URL | 2007年01月17日(Wed)19:49 [EDIT]


*純子さんへ*

夢と現実の区別がつかない時、私は多々あります。笑。
決して危険人物ではないのですが・・・・;
純子さんはドジなんてイメージがまったくないですよ;
とてもきちっとしている感じがします。

hayano5 | URL | 2007年01月17日(Wed)19:51 [EDIT]


*hirobotさんへ*

カエリマショウ。

この雰囲気がいいですね。カエリマショウ。
なんとなく、なんとなーくだけれど
もしかするとhirobotさんと同じかもしれません。
そんな気がしました。

還りましょう。カエリマショウ。

hayano5 | URL | 2007年01月17日(Wed)19:53 [EDIT]


ひょっとしたら

同じかもしれませんね。

僕は、一番大切“だった”ものを失いました。

ようやく、少しリカバリーできはじめたところです。

hirobot | URL | 2007年01月17日(Wed)23:02 [EDIT]


*hirobotさんへ*

あぁ・・・やっぱり同じなのかもしれません。
一番たいせつなモノの違いはあるかもしれないけれど。
リカバリーできそうというのは良い兆候ですねー。
きっととても時間がかかったのだろうな・・・と感じました。
私は・・・どのくらいかかるのだろう。

hayano5 | URL | 2007年01月18日(Thu)17:34 [EDIT]


失ったものは

僕を照らしていてくれた太陽が突然いなくなりました。
僕は太陽の周りを回る彗星でした。
太陽が照らしてくれていたから、僕はほうき星として輝いていられたのですが、太陽がなければ僕はただの氷の塊です。

今は、リカバリのし始めです。まだまだ全然リカバリできていません。

hirobot | URL | 2007年01月19日(Fri)00:04 [EDIT]


*hirobotさんへ*

レスが遅くなってごめんなさい;

失ったもの・・・・。
失ってしまって2度と戻らないもの。
それがhirobotさんの中から消えてしまうのが良いのか
それとも微かに残るのが良いのかどちらなのだろう。

きっとリカバリが成功することを祈っています。
どんなに時間がかかっても。

hayano5 | URL | 2007年01月26日(Fri)21:31 [EDIT]


とても難しいです

> 消えてしまうのが良いのか
> それとも微かに残るのが良いのか

本当に難しいです。
どちらが良いのでしょう。
僕にも分かりません。

ただ、完全に消えてなくなることはないと思います。
それは僕の中のどこかがそれを拒否しているからなのかな、と思います。

hirobot | URL | 2007年01月27日(Sat)22:14 [EDIT]


*hirobotさんへ*

そうですね。
どちらが・・・なんてわかるわけがないのかも。

わかると言うよりも
忘れるはずがないということを本当は知っていて
そして、それでいいと知っていて。
それを辛いと感じるかそうじゃないと感じるかのボーダーにいるのかも。
ボーダーラインからはまだ動けずに。

hayano5 | URL | 2007年01月28日(Sun)01:20 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。